プロフィール

nogchi  
フランスで活躍した浦上正則画伯に師事し、ヨーロッパの絵の世界を学ぶ。
自身の住む大好きなハワイ、特にワイキキビーチを題材にしたアートは、独自の視点と独特な色遣い
(ハッピーカラー)にヨーロピアンなテイストを加えて描き、見る人にハワイの楽しさを感じさせる。
作品を手にした方からは、「かわいい、明るい、楽しい、独創的、ハッピーになる、元気が出る、
ハワイらしい」 という言葉をいただいています。
これらの作品から少しでも何かを感じていただければ幸いです。


浦上正則画伯(1918-2004):
ダ・ビンチの技法をイタリア全土を周り研究し解析した後、その技術を時代を超えて独自の手法に
発展させた作品でフランス国展ル・サロンの特選を受賞。
ユトリロの使用していたアトリエを自身のアトリエにしたり、ピカソとも面識があるなど、
パリを中心に活動し、ニース展でもグランプリを受賞。
作品の中には法隆寺の壁画の模写やブラジル最高裁判所の壁画などもある。
日本での個展では現皇太子殿下がお見えになるなど、まさに世界にはばたき活躍した日本人画家。
晩年はハワイに拠点を移し、後継の指導にあたる。 ▶ 浦上画伯の経歴はこちら

 

作品集お問い合わせ